speakでspeak
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
きより

CL: 合同会社きより

 

三重県尾鷲市早田町(はいだちょう)という

漁師町(そしてここはいわゆる限界集落)で活動されている、

合同会社きより」のロゴと

きよりが扱う「うみまかせ」という商品のロゴを制作しました。

 

早田町は三重県の南に位置する港町。

そこからさらに南に行くと、世界遺産で有名な熊野古道があって

つまりそこからさらに行くと和歌山県に入って紀伊半島があって、

といっただいたいそんなところ。

大阪から行くなら、まずは松坂まで行き、そこから南下して、と

決してすんなり行けるとろではないけれど、

すんなり行けないからどうなんだっつーことで、

大阪から松坂へ。そして松坂から尾鷲(おわせ)へ向かいます。

ここも港町だけれど、尾鷲からさらに車で

(きよりの方に迎えに来ていただきました)

一山超えて、その先の海沿いへおりていく。

海へとおりていく山の斜面は、すぐそこが港

というところまで続き、その斜面に沿って家が立ち並んでいる。

そこが早田町で早田港。

家と家が前後左右に肩をよせあって立ち並んでいるような感じで、

路地と階段が入り組んでいる。

集落をぐるっと案内してもらったが、

一番上の家はなかなか大変だろうなというぐらい

階段を登らないといけない。

でも上から望む、日本家屋の屋根が立ち並びその先に海があるこの景色は

すごく素敵だし、なんだかかわいいい。

下からこの町を見上げるのも、同じように素敵。

この景色で早田を思い出す人も多いだろうなと思う。

そして日本だなあと思う。

 

実際に伺ったその日、

漁から帰ってきて水揚げされている港の様子を

見学させていただきました。

早朝に伺い、すでに漁師さんたちは漁に出られていて

戻ってくるのを待つところから。

しばらく待つと遠くに船が見えて、
ようく見ると旗をたてている。
たまたまその日は大漁!で、
大漁旗をたてて船が戻ってきていますとのこと。
人が徐々に集まってくる。

船が着き、次々と大漁の魚が水揚げされていく。

早田の住人の奥様方もいつの間にか集まってきて

今あがった魚を次々と購入していかれます。

市場に出回る前に手に入れることができるのはこの町の特権。

本当に大漁で、皆さんうれしそうだし、高揚している感じが伝わってきて

とても活気のあるにぎやかな港がそこにはありました。

町と港がほぼ一体で、きゅっとまとまっているので

港が盛り上がっているということは

町全体が盛り上がっているということで、

それってなんだかすごくないですか。

そして朝ごはんとして、こんな新鮮な魚が食べれるなんてうらやましい。

漁師さんも若い方が多くて、共同体の限界=「限界集落」と

表現されてしまうようなところだとは思えなくて

すごく不思議な感覚になりました。

まあ誰も限界集落だと思って暮らしているわけでもないし、

日本の片隅だけれど誰かにとっては中心で、

でも確実に人は減っていて。。。

こんな町が他にもたくさん

日本にはあるのだろうなとしみじみ思ったり。

 

 

合同会社きよりの活動

https://www.amikiyori.com/about

 

この町を、この景色を守りたいと活動が始まり、

そして継続して着実に成果を出されているような気がします。

若い漁師さんが多いのも一つの成果。

詳しく書かれているのでぜひご覧になってください。

 

きよりという名前には多くの意味が込められています。

 

ロゴに使用しているこの赤い網糸が

多くの人やこと、ものとのご縁を「きよる」ことができるように。

そしてずっと続いていきますように。

そんな想いを込めて制作しました。

ロゴの端と端を持つとぎゅっと結べます。

 

 

「うみまかせ」は漁港直送!魚の定期便。

今朝とれた新鮮な魚があなたの元へ届く!

https://www.amikiyori.com/umimakase

 

野菜とちがって少しハードルが高い?

躊躇してしまいがちな、お魚を買うという行為の

入り口を入りやすく、親しみやすく

レトロでかわいいイメージで制作しました。

 

神山町 ふぅ。

CL : 神山町 ふぅ。
CD、CW : 宮脇流(UNIT)

 

富山のお酒と料理で、
ふぅっと、くつろげば、
ぅふっと、笑みがこぼれる、
そんなお店です。

 

 

渋谷にある神山町 ふぅ。のロゴを制作しました。

DMや名刺など、一式作らせていただきました。

ロゴ自体がふぅっとくつろいで、

一息ついているような

微笑んでいるような。

 

出汁の香り、湯気、器の音、

テーブルの感触、話す声、お酒、夜。

いやー酔っ払ってきました。

 

OSAKA CRAFT BEER MAP

CL :  CRAFT BEER BASE

ILLUST : タケウマ

 

OSAKA CRAFT BEER MAP Vol.05を制作しました。

相変わらすひねりの効いたタケウマさんのイラストがほんとにかっこいい。

地図もちゃんとたどり着けるもの(笑)にしていますので、

ぜひ手にとってください。

よろしくお願い致します。

 

福笑い

2018年 年賀状

 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

犬年ということで、近所を散歩している雑種が

どこかしら誇らしげですが、

インスタに流れてくる犬、猫の動画、なんなんですか。

次から次に流れてきて、、

ただただかわいいだけ。

ずっと見てまう。

そしてぜひ音はつけておいていただきたい。

無音はがっかりします。

彼らの声が聞きたいのです。

いやーあれを見ている時間ほんとに無駄ですよね。

めちゃめちゃ時間経ってるし。

 

 

年賀状は犬の福笑い。

今年を一緒に作りましょう、というメッセージを添えました。

 

福笑いというのはバラバラになった顔の各部品を目隠しをしたままで

適当な位置においていく遊びで、変な顔になったものを見て

笑いあって、楽しむという、なんともアナログでほのぼのした遊び。

そして、よりおかしな顔を作った者、あるいはより正しいふつうの顔を

作った者を勝者とするなどして勝敗を決する。とwikipediaにはあります。

 

当然正しい顔を目指して、顔の部品を置いていくので、

正しい顔になった方がいいとは思っていたけれど

なるほど確かに、よりおかしな顔を作ったものが勝者でもいいはず。

そもそも笑いあって楽しみたいのだから。

 

ということで、そんな1年に。

今年も1年間よろしくお願い致します!

 

風景

CL: はしもとなおこ

 

7月13日から行われるテキスタイルデザイナーの

はしもとなおこさんの個展「風景」。

フライヤーのアートディレクションとデザインをしました。

届いた方は、立てたり寝かせたり、

広げたり畳んだりして自分だけの風景を見つけてください。

展示も面白いものになりそうです。

場所は茨木のGLAN FABRIQUEさん。
 

いろいろとお話しているなかで、

普遍的で当たり前なものだと思っていた目の前の風景は

とても個人的で特別なものだったんだなと、

思わせてくれました。

 

ぜひ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『 風景 』
7/13(Thu)-7/25(Tue)
11:00-18:00 ※水曜日休み
※最終日は17時まで
___
ACCESS / 「la galerie」
〒567-0888 大阪府茨木市駅前1-8-28
GLAN FABRIQUE 1F

http://glanfabrique.com/
Tel / 072-621-6953

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

個性が光る!小さな会社のブランディングブック

 

パイインターナショナルさんから出版されている

「個性が光る!小さな会社のブランディングブック」

http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4902

3つの事例を掲載していただいています。

jitsugyoさん、comeyasuさん、べじたぶるぱーくさん)

日頃からお客さんとは、じっくり、まったり、こってり、

お付き合いさせていただきたいと思っていますので、

会社の根っこの部分を共に確認して、紹介するような、

会社案内や、冊子を作らせて頂けるのはとても嬉しいです。

そしてそれが本に掲載されるのも、そらもちろん嬉しいのです。

 

 

今回はブランディングブックということで掲載していただいていますが、

ブランディングという言葉を自分でも持て余していました。

というか、うまく説明することができていなかったのですが、

最近は、

ブランディングとは、企業と消費者、店舗なら来てくれているお客様との

信頼関係を作ることなのかなあと思っています。

 

それは一方的ではなく、双方向で

お互いが期待しあえる関係だと思います。

お客さんは、「次はどんな商品が出るのだろう」「あの商品絶対良さそう」と期待をし

企業側は、「きっと喜んでもらえるはず」「自分たちの価値観を受け入れてくれるはず」と

期待して、ものやサービスを提供する。

そんな信頼関係がずっと続いていくこと、

そして続いていくようにすることがブランディングなのかなと思っています。

 

またたぶん変わるかもですが。

 

comeyasu coffee

cl: 米安珈琲

 

comeyasuさんのwebサイト

アートディレクションと、デザインを担当しました。

http://comeyasu.com/

 

comeyasuさんは滋賀県の守山にある

自家焙煎の珈琲やさんです。

店主の方は知る人ぞ知る東京のCafe Bachで修行されて、

昨年店をオープンされました。

 

味は言うまでもないのですが

カフェ本来のコミュニティとしての役割を担いたいと

学びの場としての提供や、イベントなど

開かれたカフェとして、守山から発信していかれています。

 

地元である、守山や、琵琶湖をとても大切に、誇りに思っておられて

地域に根ざした、きりりとした愛に溢れる素敵なお店です。

とても豊かな時間が流れています。

ぜひ行きましょう。

 

コーディング:カイエ

写真、動画:ツジモトシンコ

 

 

タイポグラフィ年鑑2017

タイポグライフェ年鑑2017に以下のロゴ2点を掲載していただいています。

クライアントの皆様、ご協力いただいた皆様ありがとうございます。

 

cl : 米安珈琲

  

 

 

cl : 風と野菜の農園

 

 

進化する地域の注目デザイナーたち

 

パイインターナショナルさんから出版されている

「進化する!地域の注目デザイナーたち」に

見開きで掲載していただきました。

本屋で見かけたらぜひ、パラパラっと見てやってください。

大阪在住なので、近畿地方のところです。

 

以下、掲載していただいプロフィールの文章。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1977年生まれ。香川県さぬき市出身。
魅力的な企業やお店が増えることで、
街や地域がおもしろくなればいいと思っています。
自分たちだけの価値を生み出そうとしている人たち、
世の中の価値観を変えようとしている人たち、
そんな人たちとのお仕事はとても楽しいし、ありがたい。
きちんと話をして、ちゃんとその価値を理解して、
うんと魅力的に伝わる方法を考えたいと思っています。
そしてそれらがずっと続くように。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

せっかくなので、今考えていることを

言葉にしてみました。

 

もちろんゼロから何かを

作り出しているデザイナーさんもおられるでしょうが、

まずは、志のある商品、企業、街、人に

出会えることが大切で、ありがたいことで、

いい仕事のはじまりだと思っています。

 

場所は関係ないです。日本全国、どこからでも

ブランドづくりやデザインのご相談など、

ぜひお声がけください〜。

 

 

 

 

 

魔法のよみきかせ絵本

cl: PHP研究所

作:ささきあり

監修:坪田聡

絵:WAKAKO

 

「自立神経を整えて

こどもが眠る魔法の読み聞かせ絵本

『ラッコのココの星まつり』」

の装丁と、本文デザインを担当しました。

 

読み聞かせについてや、質の良い睡眠とは、といった解説と、

「ラッコのココの星まつり」という物語が収められています。

お母さんがちゃんとその意図を理解しながら読み進められるようになっていて

とても実用的な本。

ほわーん、ほわーんと、泳いだり、すーる、すーると、ほどけたり

当然ストーリーも楽しくて、

読んでるこっちも気持ちよくなってくるような素敵な絵本です。

 

子ども達の記憶には残らないかもしれませんが、

きっと、やさしくて大切な母と子の風景や時間を

日本中に作り出してくれるであろう

この本に関われたことはとてもうれしいです。

独身です。

 

主に生協での販売になりますが、こちらでも購入可能です。

http://www.php.co.jp/family/detail.php?id=83506