speakでspeak
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
HANAKATSU

 

 

CL: HANAKATSU

IL: はしもとなおこ

 

箕面の花屋さんHANAKATSUさんの三つ折りリーフレットを制作しました。

広げてミニポスターとして冷蔵庫にでも

貼っていただければうれしい。

 

おめでとうの花、いつもありがとうの花、ごめんねの花、よく頑張ったねの花、

おつかれさまの花、これからも頑張ってねの花、今までありがとうの花、

寂しいよの花、約束の花、愛していますの花、好きだよの花、これからもよろしくねの花、

ずっと一緒にいようねの花、君に似合う花、いいことあったなの花、

なんだかうれしくなるねの花、うまく言えないんだけどの花、

何かあったというわけではないのだけれどの花。

特別な、その気持ちに似合う花を、HANAKATSUがおつくり致します。

 

 


 

 

 

 

タイポグラフィ年鑑2019

 

タイポグラフィ年鑑2019にロゴが7点入選しました。

ぜひご覧になってください。

 

モダン寺で聞く仏教講座

CL:本願寺神戸別院

IL: 朝野ペコ

 

本願寺神戸別院(通称モダン寺)で毎年ひらかれている

「仏教講座」のポスターとリーフレットを制作しました。

 

今まで「仏教講座」の販促物は作られてはいなかったのですが、
地域に開かれたお寺として、

より多くの方に来ていただきたいという想いもあり、

ご依頼いただきました。

 

そもそもお寺とは、地域の拠り所として開かれているべき場所。

ちょっと敷居の高いイメージが少しでも和らぐように、
それでいて、学びのイメージは損なわないように

配色や文字にこだわり、イラストを採用しました。

 

仏教を改めて勉強しましたが、
もっと我々は、気楽に、日常的に、

仏教の話をしてもいいのではないかと思いました。

「宗教」と聞くと、どこか力づくで同じ方向を向かせるような

強引なイメージがあったのですが、

仏教はとても合理的ですんなりと入ってくる。

というか、とても当たり前のことを言っていて、

だからこそ、意識しにくくて、忘れ易いことで

それを言い続けつること、意識続けることの

大切さと強さを感じました。

 

ぜひ第一土曜はモダン寺へ。

 

仏教云々はおいといて

街中に突如あらわれるモダンな建物は圧巻。

内部の装飾も素晴らしいので、

それを見に行くついでに

講座を聞いてみてはいかがでしょう。か?

 

 

 

 

 

 

 

年賀状

 

あけましておめでとうございます。

今年は亥(い)年ということで「い」でイノシシの鼻を作りました。


チョトツモーシンはチャットモンチーに似ている

ということで今年は鼻息荒くいきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

今年はいいものを作ることは大前提ですが、

アウトプット云々よりは

「いい仕事」をしたいと思っています。

それはお客さんと未来をちゃんと共有できるとか

同じテンションで向き合えるとか、

なんか感じのいいメールや電話のやりとりとか、

チームのモチベーションとか、

褒めたり褒められたりとか、

なんかそういうことです。

 

ぬるいこと言ってるように聞こえるかもしれませんが、

鼻息荒くそう思っています。

 

ご連絡はお気軽に!

miyamoto@speakgraphic.com

TEL&FAX: 06-6360-9895
大阪市北区天満3-1-1玉置ビル2F

 

TOO MUCH やりすぎ展

 

 

TOO MUCH 〜やりすぎ展〜

 

龍谷大学瀬田キャンパス内の通路に

やまなみ工房さんのアート作品と、

「やりすぎ」という切り口で解説を展示。

 

普段何げなく通過するだけの場所に突如現れる作品群。

「かわいい」でも、「すごい」でも、

「うわっ」でも、「こわっ」でもなんでもいい。

それらに出会うことで、なんらかのきっかけになる人が

一人でもいるといいなと思います。

 

ギュギュ


CL: アロバー
 

ネーミングもデザインである。

コミュニケーションという点では誰にでも伝わるネーミング(言葉)の方が

力があるし、とても大切。

 

もともと「おいしいコーヒー牛乳の素」というネーミングで

売られていた商品を「ギュギュ」としてリニューアル。

ラベル、オリジナル牛乳瓶、タグの制作をしました。

 

ぎゅぎゅっと凝縮!といコピーがもともと使われていて

スタッフの間ではそもそも「ギュギュ」と呼ばれていた商品。

その方が愛嬌があって、おいしそうだし、なんといっても気になる。

そして会話に「ギュギュ」が出てくるなんて愉快じゃないですか?

ということでそのまま採用。

 

学校給食に瓶の牛乳が出され、

瓶のふたを集めることが流行っていた当時の

ラベルのような少し懐かしい色味と、書体で。

 

アロバーさんらしい、遊び心のある楽しい商品になりました。

どこかの家庭で「ギュギュ」取って〜、やら「ギュギュ」出しといて〜やら

「ギュギュ」っといて〜

などの会話がなされているなら

とてもうれしいなーと思うのです。

 

 

アロバーさんは生まれ育った地元香川の企業さんで

地元のお手伝いができたうれしいお仕事でした。

実りのチョコレート

 

cl: 丹波の鄲析

 

バレンタイン限定の

黒豆を使ったチョコレートのパッケージ。

房をイメージして曲線の凹凸。

葉っぱの模様にはニス引きを。

凹凸による光の加減で、朝露に濡れた葉のように

かすかに輝きます。

 

伊和の匠

logo/package/leaflet

cl: 丹波の黒太郎

 

「伊和に二人の匠あり」

「伊和の匠」は高路康雄、藤塚瑞穂の二人の匠からなる素麺のブランドです。

昔ながらの「手延べ」、二日寝かせる「二日麺」、

さらにひき締めるために、蔵で1年寝かせる「古物(ひねもの)」を

特徴とした、コシのあるとても美しい素麺です。

とても手間ひまをかけて、じんわりと作られています。

 

どちらが作った麺かわかるように、

それぞれの名前がついたラベルが貼られ、

味の食べ比べも楽しむことができます。

 

ロゴの「イ」は

二つの麺が切磋琢磨し、

技を磨きあっている様子をイメージしました。

太い麺をどんどんと、細くしていく手延べの様子も

表現しています。

 


2月の初めに、撮影に伺いましたが、顔とれるんじゃないかというぐらいの寒さのなか、

黙々と作業される匠の姿にしびれました。

ずっと続けてきたこと、ずっと続けていくことの

何か凄みのようなものも感じました。

素麺がずらっと並んだ光景も圧巻で、美しく、

朝日を浴びた素麺は神々しくもありました。

 

詳しくはこちら。→手延べそうめんができるまで

 

するっと、胃袋へと消えていく素麺、

何ごともなかったかのように消えていく素麺。

それがあっしの仕事ですから、

と言わんばかりに夏とともに消えていく素麺。

今年の夏はじっくりと素麺に向き合いたいと思います。

 

とはいえ、関西の方以外にはあまり馴染みがないようですが、

「煮(る)麺」と描いて「にゅうめん」という

素麺を暖かくして、お出汁や、お味噌しるに入れて食べる食べ方もありますので、

夏以外にもしっかりと向き合っていきたいと思います。

「煮麺」は普通にありです。

 

「煮麺」をもっと普通に食べていただけるように

広げる方法はないものか。。

 

風景

cl: HASHIMOTO NAOKO

展示会用ロゴ

きより

CL: 合同会社きより

 

三重県尾鷲市早田町(はいだちょう)という

漁師町(そしてここはいわゆる限界集落)で活動されている、

合同会社きより」のロゴと

きよりが扱う「うみまかせ」という商品のロゴを制作しました。

 

早田町は三重県の南に位置する港町。

そこからさらに南に行くと、世界遺産で有名な熊野古道があって

つまりそこからさらに行くと和歌山県に入って紀伊半島があって、

といっただいたいそんなところ。

大阪から行くなら、まずは松坂まで行き、そこから南下して、と

決してすんなり行けるとろではないけれど、

すんなり行けないからどうなんだっつーことで、

大阪から松坂へ。そして松坂から尾鷲(おわせ)へ向かいます。

ここも港町だけれど、尾鷲からさらに車で

(きよりの方に迎えに来ていただきました)

一山超えて、その先の海沿いへおりていく。

海へとおりていく山の斜面は、すぐそこが港

というところまで続き、その斜面に沿って家が立ち並んでいる。

そこが早田町で早田港。

家と家が前後左右に肩をよせあって立ち並んでいるような感じで、

路地と階段が入り組んでいる。

集落をぐるっと案内してもらったが、

一番上の家はなかなか大変だろうなというぐらい

階段を登らないといけない。

でも上から望む、日本家屋の屋根が立ち並びその先に海があるこの景色は

すごく素敵だし、なんだかかわいいい。

下からこの町を見上げるのも、同じように素敵。

この景色で早田を思い出す人も多いだろうなと思う。

そして日本だなあと思う。

 

実際に伺ったその日、

漁から帰ってきて水揚げされている港の様子を

見学させていただきました。

早朝に伺い、すでに漁師さんたちは漁に出られていて

戻ってくるのを待つところから。

しばらく待つと遠くに船が見えて、
ようく見ると旗をたてている。
たまたまその日は大漁!で、
大漁旗をたてて船が戻ってきていますとのこと。
人が徐々に集まってくる。

船が着き、次々と大漁の魚が水揚げされていく。

早田の住人の奥様方もいつの間にか集まってきて

今あがった魚を次々と購入していかれます。

市場に出回る前に手に入れることができるのはこの町の特権。

本当に大漁で、皆さんうれしそうだし、高揚している感じが伝わってきて

とても活気のあるにぎやかな港がそこにはありました。

町と港がほぼ一体で、きゅっとまとまっているので

港が盛り上がっているということは

町全体が盛り上がっているということで、

それってなんだかすごくないですか。

そして朝ごはんとして、こんな新鮮な魚が食べれるなんてうらやましい。

漁師さんも若い方が多くて、共同体の限界=「限界集落」と

表現されてしまうようなところだとは思えなくて

すごく不思議な感覚になりました。

まあ誰も限界集落だと思って暮らしているわけでもないし、

日本の片隅だけれど誰かにとっては中心で、

でも確実に人は減っていて。。。

こんな町が他にもたくさん

日本にはあるのだろうなとしみじみ思ったり。

 

 

合同会社きよりの活動

https://www.amikiyori.com/about

 

この町を、この景色を守りたいと活動が始まり、

そして継続して着実に成果を出されているような気がします。

若い漁師さんが多いのも一つの成果。

詳しく書かれているのでぜひご覧になってください。

 

きよりという名前には多くの意味が込められています。

 

ロゴに使用しているこの赤い網糸が

多くの人やこと、ものとのご縁を「きよる」ことができるように。

そしてずっと続いていきますように。

そんな想いを込めて制作しました。

ロゴの端と端を持つとぎゅっと結べます。

 

 

「うみまかせ」は漁港直送!魚の定期便。

今朝とれた新鮮な魚があなたの元へ届く!

https://www.amikiyori.com/umimakase

 

野菜とちがって少しハードルが高い?

躊躇してしまいがちな、お魚を買うという行為の

入り口を入りやすく、親しみやすく

レトロでかわいいイメージで制作しました。