speakでspeak
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
伊和の匠

logo/package/leaflet

cl: 丹波の黒太郎

 

「伊和に二人の匠あり」

「伊和の匠」は高路康雄、藤塚瑞穂の二人の匠からなる素麺のブランドです。

昔ながらの「手延べ」、二日寝かせる「二日麺」、

さらにひき締めるために、蔵で1年寝かせる「古物(ひねもの)」を

特徴とした、コシのあるとても美しい素麺です。

とても手間ひまをかけて、じんわりと作られています。

 

どちらが作った麺かわかるように、

それぞれの名前がついたラベルが貼られ、

味の食べ比べも楽しむことができます。

 

ロゴの「イ」は

二つの麺が切磋琢磨し、

技を磨きあっている様子をイメージしました。

太い麺をどんどんと、細くしていく手延べの様子も

表現しています。

 


2月の初めに、撮影に伺いましたが、顔とれるんじゃないかというぐらいの寒さのなか、

黙々と作業される匠の姿にしびれました。

ずっと続けてきたこと、ずっと続けていくことの

何か凄みのようなものも感じました。

素麺がずらっと並んだ光景も圧巻で、美しく、

朝日を浴びた素麺は神々しくもありました。

 

詳しくはこちら。→手延べそうめんができるまで

 

するっと、胃袋へと消えていく素麺、

何ごともなかったかのように消えていく素麺。

それがあっしの仕事ですから、

と言わんばかりに夏とともに消えていく素麺。

今年の夏はじっくりと素麺に向き合いたいと思います。

 

とはいえ、関西の方以外にはあまり馴染みがないようですが、

「煮(る)麺」と描いて「にゅうめん」という

素麺を暖かくして、お出汁や、お味噌しるに入れて食べる食べ方もありますので、

夏以外にもしっかりと向き合っていきたいと思います。

「煮麺」は普通にありです。

 

「煮麺」をもっと普通に食べていただけるように

広げる方法はないものか。。

 

HASHIMOTONAOKO


 



      




テキスタイルデザイナー、イラストレーターの
はしもとなおこさんのロゴを作りました。
最近の作品を掲載したポートフォリオ冊子も作らせていただきました。

ふとした瞬間や色を描いていきたい。
というのがはしもとさんのテーマ。
紙に描いたものが、自分の想像を超える偶然や必然を経て
布へとアウトプットされるのが好きなのだと
言っていたのが印象的でした。

とても魅力的なテキスタイルを生み出していますので、
ぜひチェックしてみてください。
色がい〜。

彼女が描く動物や人のドローイングも
リンとして良いのです。

ロゴは文字というより、絵や記号のように。
またどこかリズムを感じるはしもとさんのテキスタイルを
イメージしてリズミカルに。


CL: はしもとなおこ http://www.hashimotonaoko.com/
PH: 谷口円 http://www.taniguchimadoka.com/index.html

iPhoneケースも出てます。
https://store.cinra.net/artist/308247
 
アトリエミーツ















アトリエミーツという美容室。
ロゴやホームページをリニューアルさせていただきました。

アトリエミーツには壁一面に格子で区切られた大きな窓があります。
この窓が、外からも内からも、とても印象的で
そこから入る光や風が、アトリエミーツをオリジナルで、
心地よい素敵な空間にしてくれています。
この空間を味わえるのは、アトリエミーツのお客さまの特権。

オーナーにはビジョンがあって、頑固なんですけど、とても柔軟。
普通なんだけども、すごい変。笑
そんなオーナーのこだわりはこだわりをもたないこと。
お客さまに自分のスタイルやこだわりを押し付けたりはしないし、
全ての人に心地よく過ごしていただきたいと常々おっしゃっておりました。

ロゴは、
自らを消すことでオリジナルなものになりました。
オレンジと、ブルーは光と、風。

cl: Atrlier Meets
illust: イオクサツキ
ph: ツジモトシンコ
coding: cahier

 
桜塚の税理士事務所


CL : 桜塚の税理士事務所

デザインというのは、企業の考え方や、イメージ、価値観を
伝えることです。もうこれは間違いなくそうです。
あえて言い切りますが、そういうもんです。
だから考えていること、伝いたいことがないとデザインできません。
特にロゴマークなんかはそうですね。

税理士事務所のイメージは誰がつくったわけでもないんでしょうが、
お金や税金とか、なんとか士とかっていう言葉のイメージもあって
てか、これも誰がつくったわけでもないイメージなんでしょうけど、
実際税金の実態もよくわからないし、
もうどんよりしたイメージの固まりのような、
曇り空のような、なんかそんなグレーなイメージだと思います。
もー既にイメージが重なりすぎて字面も黒くなってますけど。。

で、それを変えたい、もっと気軽に相談してもらえるような
税理士事務所を作りたい、という
税理士の山品さんからの依頼でした。
こんなぼんやりした言葉だけではなくて、
もっと具体的にイメージも伝えていただきましたし、
考えかた、伝えたいことがはっきりしていました。

でその結果、
上記のコピーとロゴを提案させていただきました。

とても喜んでいただきましたが、
この桜塚の税理士事務所は
路面の1階で、cafeのような外観と内装。
中も丸見え、ソファーどーんみたいな。
明らかに今までイメージしてたような
税理士事務所とは違っていて
もう、ロゴ云々ではなく
その時点ですでに、
新しい税理士事務所のイメージや考え方を
表現(デザイン)されていたのですよねー。

さすが〜と思いつつ、
デザインってこういうことだなーと思いつつ、
デザインの力も感じたお仕事でした。

実際に税金の相談させていただいていますが、
すごく気楽に話もできて何でも相談できますので、
めちゃありがたいです〜。
特に僕みたいに一人でお仕事をしていて、
誰に相談していいのか分からない人なんかはぜひ、
連絡してみてください〜。

〒561-0881大阪府豊中市中桜塚5-6-1
Tel :06-7162-0457
Fax :050-3383-3298
受付時間 :9:00〜18:00

 
花テディベア協会

 logo



雑誌広告



poster


CL:花テディベア協会
CD:宮脇流(UNIT) CW:長谷川浩美(UNIT)

花テディベア協会のロゴ、名刺、ポスター、雑誌広告等を制作しました。

花テディベアは
現会長が10年ほど活動をされてきたみたいですが、
今年1月に協会設立となりました。

花テディベアは花を使ってテディベアを作るというもの。
フラワーアレンジメントのテディベア版という感じでしょうか。

花というと美しさや儚さのイメージがありますが、
花テディべアでは作ることがメインですから、
モノ作りの楽しさや喜び、ワクワク感
みたいなものを表現できないかと考えました。

森のクマさんならぬ、花のクマさん。
クマいますよ。